MENU

スムースビップ 害

「ベイプが気になるけど、健康への害が気になる」
「ベイプが有害だという話を聞いたけど本当?」

ベイプを吸ってみたい!と思っても、実際体内に吸引するとなると体への害が気になりますよね。
タバコのようにメジャーではないため、健康に関する情報が少なく、不安に思っている方も多いでしょう。

しかし、ベイプはタバコを吸うことに比べると圧倒的に安全です!

当記事では、ベイプの安全性について徹底的に調査し、解説しています。
また、これからベイプを始めたい方のために、安心して吸える安全なベイプもご紹介していますよ。

ベイプの体への影響が不安だという方は、ぜひチェックしてください。
※当記事で解説する「(電子)ベイプ」は電子タバコの一つで、リキッド(専用の液体)を加熱することにより発生する水蒸気を吸って楽しむ嗜好品のことです。
IQOSなどの加熱式タバコや紙巻きたばことは異なりますので、その点を理解した上で読み進めていただけますと幸いです。


「ベイプは人体に害がある」と言われる理由

ベイプ 害

ベイプで蒸気を吸引する際、タバコの葉を燃やした時に出るタールや一酸化炭素といった有害物質は一切発生しません。
また、副流煙も出ないので、周囲に対する害もありません。

では、なぜ「ベイプは人体に有害である」と言われているのでしょうか?
その理由について説明していきます。

ニコチン入りのリキッドがある

ベイプ 害

ベイプが有害だとされる最も大きな理由は、ニコチン入りのリキッドが出回っているからだと考えられます。

日本ではニコチン入りリキッドの製造・販売が禁止されていますが、海外では合法的に販売されているため、個人輸入で取り寄せた商品が日本国内で流通していることがあるのです。

ニコチン入りリキッドを注入してベイプを使用すると、体内にニコチンを取り込むことになるので、紙巻きたばこなどと同様に有害となります。
そのため、「ニコチン入りリキッドを使用するベイプは有害だ」という意見があるのでしょう。

また、ニコチンが入っていないはずのリキッドから、ニコチンが検出された例もあります。
その原因は、ニコチン入りリキッド・ニコチンなしリキッドの両方を製造する海外の工場における、ずさんな管理体制によるものです。

そういった工場の製造過程でニコチンなしのリキッドにニコチン入りの商品が混ざってしまった状態で、
「ニコチンなしのリキッド」として出荷されたため、そういった事態になりました。

本来あってはならないことですが、中国産などの粗悪なリキッドを購入すると、ニコチンをはじめ有害物質が混入しているケースが稀にあるようです。

とはいえ、

  • 製造元や成分がハッキリ記載されたリキッドを購入すること
  • 信用できる販売店や通販サイトでリキッドを購入すること

以上2点に注意すれば、誤ってニコチン入りのリキッドを買ってしまうことはありません。

リキッドを加熱すると発がん性物質が発生する

ベイプ 害

リキッドに使用されている成分を特定の条件で加熱すると、発がん性物質が発生するという事例があり、そのことからベイプが有害だとされる主張があります。

スムースビップをはじめ、一般的な電子ベイプのリキッドには、PG(プロピレングリコール)・VG(植物性グリセリン)・香料の3種類が含まれます。
PGやVGは食品にも使用される安全性の高い成分で、香料もリキッドのフレーバーを決めるための安全な成分です。

しかし、PG(プロピレングリコール)を特定の条件で加熱すると、「ホルムアルデヒド」という発がん性物質が発生するとされています。

ただし、The New England Journal of Medicineの発表によると、
「ホルムアルデヒド」が発生するのは、5.0ボルト以上の高電圧でPGを加熱した時だけです。

通常、ベイプは3.5ボルト前後の低電圧で使用するので、通常の使い方をすれば発がん性物質が発生することはありません。

そして、PGは加熱が必要な食品にも使用されており、日本香料工業会も「通常使用での健康被害はない」と発表しているように、特定条件での加熱や過量摂取しなければ問題ない成分だと言えます。

また、上記の理由でベイプの有害性を主張する記事では、紙巻きたばこや加熱式タバコに触れられておらず、「ベイプだけが有害」と誤解されるようなものが多いです。

実際のところ、紙巻きたばこや加熱式タバコを吸う時には、ベイプの数倍〜数百倍の発がん性物質が発生するので、タバコの方がはるかに有害だと言えます。

※参考文献: The New England Journal of Medicine
マサチューセッツ内科外科学会が発行する医学雑誌です。継続発行されている医学雑誌としては世界で最も長い歴史を持ち、大きな影響力を持っています。
※PGは食品にも使用される安全性の高い成分で、加熱が必要な食品にも使用されており、日本香料工業会も「通常使用での健康被害はない」と発表しています。

新しい製品のため充分な研究データが無い

ベイプ 害

ベイプは比較的新しい製品で、市場に出回ってからまだ数年しか経っていません。

そのため、安全性についての研究結果が充分に揃っておらず
「安全だとは言い切れない」という理由でベイプの危険性を指摘する意見もあります。

しかし、海外ではベイプの安全性に関する研究が進んでおり、
「長期間利用しても人体への害は確認できない」というデータも発表されています。

今後も多くの研究結果が発表されることが予想されるので、安心してベイプを利用できる環境になっていくでしょう。

このように、ベイプの安全性について詳しく調べてみると、
ベイプについての誤った認識から「有害である」とする意見が多いことが分かりました。

しかし、安全なベイプとリキッドを購入して、正しい方法で使用すれば、吸う人に大きな害はありませんし、周囲に害を与えることもありません。


ベイプは紙巻き・加熱式よりも断然安全!含まれる有害物質を比較

ベイプ 害

ベイプは「電子タバコ」というジャンルになるため、紙巻きたばこや加熱式タバコ(iQOSやプルームテックなど)とひと括りされることが多く、健康への害を心配する方も多いでしょう。

しかし、ベイプと紙巻きタバコ・加熱式タバコを比べると、間違いなくベイプの方が健康への害は少なく安全だと言えます。

以下は、純正リキッドを使ったスムースビップ吸う時と紙タバコ・加熱式タバコを吸った時の、有害物質(ニコチン・タール・一酸化炭素)の有無を比較した表です。

紙巻きタバコ

加熱式タバコ

スムースビップ

ニコチン

タール

一酸化炭素


紙巻きタバコには約4,000種類もの化学物質が含まれており、そのうち約200種類が有害物質です。
特に、ニコチン・タール・一酸化炭素は有害性が強いため、よく知られています。

そして、加熱式タバコは、その紙巻きタバコに比べて有害物質が約9割少ないといわれており、その加熱式タバコにも含まれる有害物質が、スムースビップ(純正リキッド使用時)ではさらに少なります。

※第三者機関である日本食品分析センターの調査においても、スムースビップのリキッドには「ニコチンを含有しない」という結果が発表されています。

また、スムースビップはリキッドを加熱して蒸気を吸引する「電子ベイプ」なので、タバコの葉を燃やす際に発生するタールや一酸化炭素もゼロです。

以上のことから、信頼できるベイプとリキッドを選べば、紙巻きタバコや加熱式タバコより圧倒的に安全に吸えるということがわかっていただけるでしょう。

「ベイプは人体に有害である」という声やネット記事は数多くありますが、よく調べてみるとそういった主張の根拠は充分ではありません。

しかし、非喫煙者の方に比べると、ベイプを吸うことは体への影響は多少あるかもしれませんが、安全なリキッドに含まれる成分は、食品にも含まれています。
つまり、清涼飲料水やおやつを食べるような感覚だと考えていただければ、安心してベイプを吸っていただけるのではないでしょうか。

ベイプを安全に吸うための3つのポイント

ベイプは正しい選び方をすれば、安全に吸うことができます。
ベイプを選ぶ際には、以下の3つのポイントに注目しましょう。

  • 販売元・製造元がはっきりしている
  • 操作が簡単で使いやすい
  • 成分にニコチンが含まれていない

この3つのポイントについて、詳しくは以下の記事で解説しています。
また、これらのポイントを押さえた、安全に吸えるベイプもご紹介しているので、あなたに合ったベイプを見つけてくださいね。


スムースビップが安全な理由

スムースビップ 害

一部で電子ベイプの危険性を指摘する意見があるものの、全ての製品にあてはまるわけではありません。

特に、スムースビップは次の理由から安全だと言えます。

タバコに含まれる有害物質は一切含まれていない

タバコに含まれるニコチン・タール・一酸化炭素には、高い依存性や発ガン性などが確認されているため、人体に有害です。

しかし、先にも説明したようにスムースビップのリキッドには、タバコの有害物質が一切含まれていません。
日本食品衛生法に基づく食品添加物が使用されているだけなので、吸引しても安全です。

リキッドはイタリアの安全基準をクリアした工場で製造

スムースビップのリキッドは、厳しい安全基準をクリアしたイタリアの専門工場で製造されています。
製造元の分からない粗悪なリキッドとは違い、厳格な品質管理のもとに製造されているため安心です。

副流煙が無いので周りの人にも無害

タバコの副流煙にはタールや一酸化炭素などの有害物質が含まれるため、非喫煙者の受動喫煙が問題になっています。

しかし、スムースビップで吸引し、吐き出されるのは、リキッドを加熱して発生する水蒸気なので、煙ではありません。
そのため、有害物質を含んだ副流煙の心配はないのです。

さらに、スムースビップのリキッドのフレーバーはミントやフルーツなど爽やかなものが多く、タバコのように煙たがられる心配もありません。

スムースビップはタバコより断然害が少ない!

スムースビップにはタバコの有害物質が含まれないうえ、副流煙もゼロです。

しかし、リキッドを加熱して水蒸気を吸い込むため、全く人体に害がないとは言いきれないのも事実ですが、紙巻きタバコや加熱式タバコと比較すると圧倒的に害が少ないのです。

なお、タバコに含まれる代表的な有害物質、ニコチン・タール・一酸化炭素の危険性は次の通りです。

ニコチン

ニコチンはアルツハイマー型認知症の改善に効果があることが研究で証明されるなど、有用性のある物質です。
また、ニコチン自体に発ガン性は認められていません。

しかし、「依存性が高い」という点が問題です。
コカインやヘロインといった危険薬物より依存性が高いため、タバコを吸ってニコチン依存症になると、簡単には禁煙できません。
そのため、有害だと分かっていてもタバコを吸ってしまい、タールや一酸化炭素といった有害物質を体内に取り込むことになるのです。

さらに、ニコチンは血管を収縮させる作用も持つため、血流を悪化させて肩こりや頭痛を引き起こす恐れがあります。
また、血圧や心拍数も上昇させるので、心筋梗塞や脳卒中、狭心症のリスクも高まります。

タール

タールとはタバコの葉を燃やすと発生する物質の総称で、フィルターや歯、壁紙を茶色くする「ヤニ」のことです。
ベンゾピレンなど数十種類もの発ガン性物質が含まれているため、喫煙によってタールを体内に取り込むと、ガンのリスクが高まります。

米国環境保護局(EPA)が、タールをグループA(人にガンを引き起こすことが十分に証明された物質)に分類していることからも、その危険性が分かるでしょう。

1日20本の紙巻きタバコを吸うと、1年間でコップ1杯分(180ml)ものタールを体内に取り込むことになるので、喫煙者の方は注意したいものです。

一酸化炭素

一酸化炭素は体内でヘモグロビンと結合し、酸欠を引き起こします。
また、動脈硬化のリスクも指摘される危険な成分です。

紙巻きタバコの煙に含まれる一酸化炭素の量は、環境衛生基準許容量の約2,000倍だと言われます。

このように、タバコには様々な有害物質が含まれます。
しかし、スムースビップには上記のような有害物質が含まれていないため、安心してください。

スムースビップのリキッドの安全性を検証

スムースビップ 害


スムースビップのリキッドの成分表を見ると
  • 植物性グリセリン
  • プロピレングリコール
  • 香料
と記載されています。

香料はリキッドのフレーバー(メンソール・ブラックベリーなど)を決めるための成分ですが、植物性グリセリン・プロピレングリコールについては危険性を指摘する意見があるのです。

国立がん研究センターは
  • プロピレングリコールは加熱される過程で発がん性物質(プロピレンオキサイド)に変わる。
  • グリセリンもプロピレングリコールも蒸気として肺に入れた時の安全性は評価されたことがない。
と指摘しています。

スムースビップに限らず、電子ベイプのリキッドにはグリセリン・プロピレングリコールが含まれます。
危険性を指摘する意見があることは覚えておいた方が良いでしょう。

植物性グリセリン・プロピレングリコールとは
植物性グリセリン(VG:Vegetable Glycerine)
保湿剤として化粧品などに広く使用されています。
スムースビップに使用されている植物性グリセリンは、パームオイルなど植物性油脂を原料としたものです。

プロピレングリコール(PG:Propylene Glycol)
無味無臭で少量であれば毒性が低いとされ、保湿剤、乳化剤、潤滑剤として医薬品や化粧品、食品まで幅広く使用されています。

スムースビップの販売元ライテックの見解は?

では、スムースビップの販売元である株式会社ライテックはスムースビップの安全性についてどう考えているのでしょうか?

公式サイトでは

「ノンニコチン・ノンタール」
「安全な食品添加物を使用したリキッド」

という表現が用いられています。

その根拠として、
  • 電子ベイプ先進国アメリカのISO取得向上でリキッドを生産していること(安全性について厳格な基準を持つデュラスモーク社製のリキッドを使用している)
  • 健康に配慮した香料を使用していること
  • 第三者機関である食品分析センターでニコチンの含有について検査を行っていること
を挙げています。

以上の点をもとに、スムースビップは安全に吸えるベイプだとされています。

スムースビップはどこで吸ってもいいの?利用者の口コミ

スムースビップは副流煙が出ない上、ニコチンやタールが含まれません。
しかし、どこで吸っても良いわけではないので注意しましょう。

例えば、喫煙スペース以外の場所で吸っていると、非喫煙者からはタバコと電子ベイプの区別がつきません。
不快な思いをする方がいらっしゃるかもしれませんので、スムースビップも喫煙OKの場所で吸うことがマナーです。

では、スムースビップを利用されている方はどんな場所で吸っているのでしょうか?

禁煙の場所では吸いません(30代/男性)
いくら電子VAPEとはいっても、禁煙の場所では吸いません。
他の人が見ると煙と水蒸気の区別がつかないでしょうし、
吸っているこちらも周囲の目が気になりますからね。
「電子VAPEコーナー」を設けているお店が増えているようなので
チェックしてみたいと思います。

タバコOKのカフェやレストランで(20代/女性)
私は元々タバコを吸わないので、喫煙コーナーではスムースビップを吸いません。
タバコの煙が充満した部屋で吸ってもおいしくないですからね。
外で吸う時は、喫煙できるカフェやレストランで吸っています。
スムースビップからいい香りがするので、広いスペースならタバコの臭いが気になりません。

家でしか吸っていません(20代/男性)
基本的に家でリラックスしたい時にしか吸っていません。
スムースビップも見た目はiQOSのような感じなので、
外で吸うと嫌な顔をされそうで・・・。
やっぱりたばこを吸っていい場所でしか吸ってはいけないんですよね?
その辺りの基準がハッキリしているといいなと思います。

まとめ

さて、ここまでベイプとスムースビップの安全性について解説してきましたが、みなさんのベイプに関する不安は解消されたでしょうか?

ベイプは選び方さえ間違えなければ、紙巻きタバコや加熱式タバコよりも害が断然少なく、安全に吸うことができます。

これからベイプを始める方、どのベイプにするかお悩みの方は、ベイプ選びに注意して、安全なベイプライフを送ってくださいね。

以下の記事では、安全なベイプを選ぶ際のポイントとベイプ愛用者の私が実際に吸ってわかったおすすめベイプ4選をご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。